「やらせてあげたいねぇ」春に続いて夏も…堀内恒夫さん、高3球児に心痛 せめて「思い出に残る何かを」